Pyrite Pseudomorph after Pyrrhotite & Arsenopyrite
Locality: Trepča Stan Terg Mine, Trepča complex, Trepča valley,
Kosovska Mitrovica, District of Kosovska Mitrovica, Kosovo
Size: 44mm x 31mm x 25mm
Weight: 40g

コソボ産パイライト <ピロータイト仮晶>&アーセノパイライト (Pyrite Pseudomorph after Pyrrhotite & Arsenopyrite / Kosovo)-photo0

商品説明
 薔薇の花弁の様に幾重にも折り重なるピロータイトがパイライト化して黄金色に輝く、大変美しいコソボ産の標本です。アーセノパイライトを中心に、ロードクロサイトやカルサイトを可憐に実らせています。
※当標本は産地又は鉱物の特質上、成分中に砒素を含む毒性の高い物質の付着している場合がございます。念のため火気や水気等を含む高温多湿を必ず避け、自己の責任においてお子様の手の届かない冷暗所に厳重に密封の上、保管・管理くださるようよろしくお願い申し上げます。セージや水洗い等もお控えください。

<Trepca - Kosovo>
 ローマ時代や中世から続くとも言われる長い歴史を持つこの産地では、硫化鉱物を中心に現在60をも超える種の鉱物が報告されています。鉄分の豊富な漆黒の閃亜鉛鉱(Sphalerite/Marmatite)や、様々な晶癖を成す方鉛鉱(Galena)と硫砒鉄鉱(Arsenopyrite)、また黄鉄鉱(Pyrite)のみならず時には方鉛鉱の仮晶をも見せる磁硫鉄鉱(Pyrrhotite)、方解石(Calcite)を黒く着色するタワシの様なブーランジェ鉱(Boulangerite)、クリームピンクの大きな菱面体の苦灰石(Dolomite)、そしてそれらを花飾りの様に美しいピンク色で彩る菱マンガン鉱(Rhodochrosite)の個性的な共生標本には、形容し難い独特の不思議な違和感とエキゾチックな風合いがあり、様々な組み合わせで驚かせてくれます。また球状や花弁状に集合した白〜クリーム色の菱鉄鉱(Siderite)は菱マンガン鉱との中間種と考えられ、現地では”White Rhodochrosite”としても認識されています。さらに藍鉄鉱(Vivianite)やチルドレン石(Childrenite)、ラドラム鉄鉱(Ludlamite)等の美しい燐酸塩鉱物が産するのも大きな特徴の一つです。蛍石(Fluorite)の報告こそ未だ無いものの、Dal’negorskのNikolaevskiy MineやMexicoのSanta Eulalia、中国のYaogangxian Mine等の標本がお好きな方には是非ともお薦めしたい産地です。

各鉱物の特徴
<磁硫鉄鉱 (ピロータイト/Pyrrhotite) - Fe7S8 / Monoclinic - >
 鉄と硫黄の割合によって磁性の強弱が変化する鉱物で、通常塊状や粒状で産出し、六角板状や柱状の自形結晶も見られます。ブロンズ色の金属光沢で、空気中では酸化により褐色に変化し易いのも特徴です。塩基性マグマの分化鉱床、接触交代鉱床、熱水鉱脈などに、黄銅鉱(Chalcopyrite)や黄鉄鉱(Pyrite)、キューバ鉱(Cubanite)等の他の硫化鉱物と共に広く産出します。重要なニッケル鉱資源となるペントランド鉱(Pentlandite)と混ざり合って産出することも多く、含ニッケル磁硫鉄鉱の通称で呼ばれることもあります。

<黄鉄鉱 (パイライト/Pyrite) - FeS2 / Isometric - >
 稜に平行な条線が発達した六面体や八面体、五角十二面体、またその組み合わせによる淡い真鍮色の結晶が典型で、熱水性鉱脈鉱床、接触交代鉱床、黒鉱鉱床等に広く産出します。黄銅鉱(Chalcopyrite)とは黄色味が薄いことや、条痕が黒いことで識別できますが、同質異像の白鉄鉱(Marcasite)とは、明確な結晶形が出ていない限り識別が困難です。自然金とも色調が似ているため愚者の金(Fool's Gold)という俗称もあります。球顆状の集合体や薄く放射状に集合したもの(Pyrite Sun)、黄鉄鉱化アンモナイト、また国内では「武石」や「枡石」とも呼ばれる褐鉄鉱化した仮晶まで、色々なパターンで出会える面白い鉱物です。

<硫砒鉄鉱 (アーセノパイライト/Arsenopyrite) - FeAsS / Monoclinic - >
 銀白色〜鋼灰色の金属光沢で、菱形の板状や柱状の自形結晶として、また塊状、粒状でも産出する砒素と鉄の硫化鉱物です。酸化により表面に虹が出たり真鍮色に変化したりしますが、産地によっては銀白色を保つものもあるそうです。接触交代鉱床や熱水鉱床、気成鉱脈などに広く産出します。硫砒鉄鉱そのものは有毒ではありませんが、念のため手に触れた場合にはすぐに洗浄するようにしてください。

<菱鉄鉱 (シデライト/Siderite) - FeCO3 / Trigonal - >
 全ての堆積岩、火成岩、変成岩から広く産出する鉄の炭酸塩鉱物で、英名の語源はギリシャ語で鉄を意味する”sideros”に由来します。鉄はマグネシウムやマンガンに置換されて菱苦土石(Magnesite)や菱マンガン鉱(Rhodochrosite)と連続固溶体を形成する他、方解石(Calcite)や菱亜鉛鉱(Smithsonite)とも同じ結晶構造を持ちます。結晶はしばしば表面の湾曲する菱形六面体で、板状や柱状の他、ぶとう状、粒状、球状、塊状等で産出し、灰色や黄褐色から白色、緑色を帯びるものもあります。

<方解石(カルサイト/Calcite) - CaCO3 / Trigonal - >
 最も広く産出する炭酸塩鉱物で、結晶の形は菱面体、犬牙状、六角柱状、釘頭状、板状、葉片状などと多様です。色も無色や灰白色に始まり鉄分を含んだ黄色やマンガンの入った蛍光性を持つピンク、青、緑、黒等と実に多彩です。有名な複屈折や、菱面体に割れる三方向に完全な劈開、塩酸で発泡して溶けることなどで容易に識別できます。

<仮晶 (スードモーフ/Pseudomorph)>
 仮晶(Pseudomorphoses)という用語は、1801年に結晶学の父と呼ばれるフランスの鉱物学者René Just Haüyによって最初に提唱されました。一般的に仮晶とは、元の鉱物の外形を保ったまま、結晶が化学的または構造的に変化し、他の鉱物へと一部や全体が置き換わったものを指します。具体的にどこまで仮晶に含めるのか、またその分類法については、学者間でも見解が分かれるため、未だに明確な定義が確立されていません。一鉱物標本店としては、過去の研究を参考に、大まかに下記の5種に分類します。
Paramorph (Allomorph)
 同質異像(Polymorphism)の性質を伴う多形(Polymorph)鉱物による多形仮晶(Paramorph/Allomorph)です。低温水晶(alpha quartz)と高温水晶(beta quartz)に代表されるエナンチオトロピーな相転移を示すEnantiotropic種と、石墨(Graphite)とダイアモンド(Diamond)や水晶(Quartz)とコーサイト(Coesite)、鱗珪石(Tridymite)等に代表される非可逆的なモノトロピー(単変)のMonotropic種に大別できます。多形が2種の結晶形を取るならばDimorph、(TiO2)の多形である金紅石(Rutile)、鋭錐石(Anatase), 板チタン石(Brookite)や、(Al2SiO5)の藍晶石(Kyanite)、珪線石(Sillimanite), 紅柱石(Andalusite)等、3つならばTrimorphと呼ばれます。
Metamict
 メタミクト鉱物は、内包または近接するウランやトリウムによるアルファ粒子という放射線によって、結晶構造が損傷を受け非晶質化させられたものです。メタミクト化されると屈折率や比重、硬度といった様々な特性が低下します。ジルコン(Zircon)や、サマルスキー石(Samarskite)、フェルグソン石(Fergusonite)、ユークセン石(Euxenite)等がこれに該当します。
Exsolution (Entmischung-Pseudomorphosen)
 離溶や固溶体分離とも呼ばれる現象で、高温下で生成された固溶体鉱物が、ゆっくりと冷却されることで他の鉱物に分離したものです。チタン鉄鉱(Ilmenite)が金紅石(Rutile)と磁鉄鉱(Magnetite)や赤鉄鉱(Hematite)に分離した標本が有名です。
Alteration
 成分の獲得や喪失、交換といった化学反応により、鉱物が部分的または完全に置き換わったものです。分類法の見解が多岐にわたることもあり、SubstitutionやInfiltration、Replacement、Alteration等の呼称と定義が混同し煩雑化しているようです。成因によって、a. 成分の喪失(e.g., Copper after Cuprite or Azurite)、b. 成分の獲得(e.g., Malachite after Cuprite、Gypsum after Pyromorphite)、c. 部分的置換(e.g., Goethite after Pyrite, Galena after Pyromorphite)、d. 完全置換(e.g., Quartz after Calcit, Barite, or Fluorite)と大別されます。
Encrustation (Perimorph/ Epimorph)
 他の鉱物に覆われた鉱物が、後に消失したことによって生成された仮晶です。そのうちPerimorph(Epimorph)は空洞の殻が元の鉱物の輪郭の形で残ったもので、Encrustation PseudomorphやUmhüllungspseudomorphosenとも呼ばれます。また、このプロセスを鋳造に見立てて、残った鋳型の部分をMold、その中に侵入して生成された鋳物に該当する鉱物をCastと呼ぶこともあります。ポリへドロイド(Polyhedroid)は、長石(Feldspar)や方解石(Calcite)の仮晶と考えられてきましたが、実際はランダムな角度で交差する方解石の薄板の隙間を埋めたシリカであり、Castに分類されます。さすがに抵抗がありますが、スイスの鉱物学者は、鉱物の表面に残された、消失した他の鉱物の痕跡のことを、ドイツ語で傷を意味するNarbenという用語で呼ぶ慣習があり、これを当カテゴリーの仮晶に分類する説もあります。
 鉱物標本上に限らず、広義の仮晶は目立たない形であまねく存在していますが、一般に鉱物標本店では、AlterationとEncrustationを中心に仮晶鉱物として取り扱う傾向があるようです。

コソボ産パイライト <ピロータイト仮晶>&アーセノパイライト (Pyrite Pseudomorph after Pyrrhotite & Arsenopyrite / Kosovo)-photo1

▲▼ ラベル上パイライトになっていますが、一見して全てアーセノパイライトではないかとも思います。ピロータイトから直接アーセノパイライトに変化している可能性も考えられそうです。

コソボ産パイライト <ピロータイト仮晶>&アーセノパイライト (Pyrite Pseudomorph after Pyrrhotite & Arsenopyrite / Kosovo)-photo2

コソボ産パイライト <ピロータイト仮晶>&アーセノパイライト (Pyrite Pseudomorph after Pyrrhotite & Arsenopyrite / Kosovo)-photo3

コソボ産パイライト <ピロータイト仮晶>&アーセノパイライト (Pyrite Pseudomorph after Pyrrhotite & Arsenopyrite / Kosovo)-photo4

コソボ産パイライト <ピロータイト仮晶>&アーセノパイライト (Pyrite Pseudomorph after Pyrrhotite & Arsenopyrite / Kosovo)-photo5

コソボ産パイライト <ピロータイト仮晶>&アーセノパイライト (Pyrite Pseudomorph after Pyrrhotite & Arsenopyrite / Kosovo)-photo6

コソボ産パイライト <ピロータイト仮晶>&アーセノパイライト (Pyrite Pseudomorph after Pyrrhotite & Arsenopyrite / Kosovo)-photo7

コソボ産パイライト <ピロータイト仮晶>&アーセノパイライト (Pyrite Pseudomorph after Pyrrhotite & Arsenopyrite / Kosovo)-photo8

▲▼ オレンジ色の花のような鉱物は、固溶体を形成するシデライトとロードクロサイトの中間種ですが、色味的にはロードクロサイト寄りと言って差し支えないと思います。純白のカルサイトも良く映えます。

コソボ産パイライト <ピロータイト仮晶>&アーセノパイライト (Pyrite Pseudomorph after Pyrrhotite & Arsenopyrite / Kosovo)-photo9

コソボ産パイライト <ピロータイト仮晶>&アーセノパイライト (Pyrite Pseudomorph after Pyrrhotite & Arsenopyrite / Kosovo)-photo10

コソボ産パイライト <ピロータイト仮晶>&アーセノパイライト (Pyrite Pseudomorph after Pyrrhotite & Arsenopyrite / Kosovo)-photo11

コソボ産パイライト <ピロータイト仮晶>&アーセノパイライト (Pyrite Pseudomorph after Pyrrhotite & Arsenopyrite / Kosovo)-photo12

コソボ産パイライト <ピロータイト仮晶>&アーセノパイライト (Pyrite Pseudomorph after Pyrrhotite & Arsenopyrite / Kosovo)-photo13

▲▼ ピロータイトが一葉一葉、花弁のように折り重なる姿が大変美しいです。毒気のある黄金色の煌めきも何とも魅惑的です。黒い球体は一見ブーランジェライトを内包したシデライトにも見えますが、中身はマーカサイトの方が有力かと思われます。

コソボ産パイライト <ピロータイト仮晶>&アーセノパイライト (Pyrite Pseudomorph after Pyrrhotite & Arsenopyrite / Kosovo)-photo14

コソボ産パイライト <ピロータイト仮晶>&アーセノパイライト (Pyrite Pseudomorph after Pyrrhotite & Arsenopyrite / Kosovo)-photo15

コソボ産パイライト <ピロータイト仮晶>&アーセノパイライト (Pyrite Pseudomorph after Pyrrhotite & Arsenopyrite / Kosovo)-photo16

コソボ産パイライト <ピロータイト仮晶>&アーセノパイライト (Pyrite Pseudomorph after Pyrrhotite & Arsenopyrite / Kosovo)-photo17

▲▼ 毒々しい煌びやかさを伴った特異な形状で、鉱物学的にも非常に興味深く、魅力溢れる芸術的な標本です。

コソボ産パイライト <ピロータイト仮晶>&アーセノパイライト (Pyrite Pseudomorph after Pyrrhotite & Arsenopyrite / Kosovo)-photo18


※下記事項を予めご了承の上お買い求めいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
・商品のサイズをよくご確認の上お買い求めください。なお、測定部分や測定方法により記載のサイズと若干の誤差の生じる場合がございます。
・画像中のミネラルタックやアクリルベースは商品に付属されません。
・商品画像につきましては、実物の色彩や質感の再現に努め、特殊な環境下で撮影した上で処理を加えております。また、お使いのデバイスおよびモニターの設定、環境等によっても色合いが異なって映し出されます。
・商品が傷付かないよう梱包には細心の注意を払わせていただいておりますが、天然鉱物の繊細で脆い特質上、輸送中のわずかな衝撃や揺れによって微細な結晶や粉末状の結晶の乖離が起こる場合がございます。商品の主要な部位以外の損傷による交換・返品はお受けできない場合がございます。


コソボ産パイライト <ピロータイト仮晶>&アーセノパイライト (Pyrite Pseudomorph after Pyrrhotite & Arsenopyrite / Kosovo)

kv-19

6,200円(税込)

その他鉱物 (Other Minerals)

産地 (Locality)